Top > アトピーについて > アトピー性皮膚炎の特徴

アトピー性皮膚炎の特徴

アトピー性皮膚炎はアトピーの主症状で、アトピー症の代名詞ともなっています。

アトピー性皮膚炎は、家族内発症や気管支喘息などの病歴が重なることも多いために、遺伝性またはアレルギー疾患と考えられてきました。

アトピー性皮膚炎の症状は頭部から発症が始まり、顔から体幹・下肢へと広がっていきます。

思春期には、アトピー性皮膚炎が関節の内側などに集中的に発症したりします。 思春期以降は、乾いた慢性のアトピー性皮膚炎の症状を見せます。

乾燥して赤くなり、白い粉をふいたようになるのがアトピー性皮膚炎の特徴です。

強い痒みを伴い、慢性化すると皮膚が次第に厚くなり鳥肌状になったりします。また、いぼ状の痒ができたりしていぼになることもあります。家庭内での発症の頻度が変わることなどから、アトピー性皮膚炎は遺伝や遺伝性アレルギーなどが原因とされてきました。

しかし、現在は環境条件も主因ではないかとされています。また、アトピー性皮膚炎は接触性皮膚炎も起こしやすく、洗剤や化粧品オムツからも発症しやすいようで、アトピーでの炎症と一緒に黄色ブドウ状球菌により伝染性膿痂疹(とびひ)を発症することも多くあります。また、水いぼなどのウイルスによる皮膚疾患にも感染しやすく、単純ヘルペスにかかると重症化しやすいこともいわれています。

特に掻破(かきむしり皮膚を破る)行動に走りやすく、これも感染症などの原因になります。アトピー性皮膚炎は幼少時の時と、思春期以降では症状が異なるようです。

>>敏感肌でお悩みの方専用100%天然の無添加美容液<<

アトピーについて

アトピー性皮膚炎全般について解説しています
関連エントリー
アトピー対策のひとつ水道水の直接の使用の停止アトピーを改善する効果が高い方法は?アトピー克服法として効果的なことアトピー治療を受ける病院の選び方アトピーの症状についてアトピー性皮膚炎の特徴アトピーって何なの?
アトピーについて
世代別アトピー治療
アトピー治療法
ステロイドとアトピー治療
アトピーと生活
更新履歴
アトピーに効果のあるサプリメント(2009年01月29日)
アトピーに効果がある入浴剤(2009年01月27日)
アトピー肌用クリームの成分には注意が必要(2009年01月25日)
アトピーはシャンプーや石鹸と密接な関係(2009年01月20日)
アトピーに適する石鹸を選ぶ(2009年01月15日)