Top > ステロイドとアトピー治療 > ステロイド剤使用停止によるアトピーのリバウンド

ステロイド剤使用停止によるアトピーのリバウンド

アトピーの対症療法としてステロイド剤やプロトピック剤を使用すると、アトピーのリバウンドを起こすことがあります。

アトピーとリバウンドの関係は、ステロイド剤やプロトピック剤を使用していて急に使用をやめた場合などに起こってきます。特に含有量の多い薬を長期間使っていて急にやめた場合には、激しくリバウンドが起こることが多いようです。

ステロイド剤やプロトピック剤の使用は、あくまで炎症を抑えるためです。アトピーとリバウンドは、今まで抑えられた症状がより広範囲に強く出てくることとなります。

代表的なアトピーとリバウンドの例としては、激しい熱感に襲われ真っ赤に晴れ上がり、じゅくじゅくとリンパ液が出てくる、リンパ液が出た後、ばりばりに乾き、ひび割れを生じて痛みを伴うという症状が1ヵ月~数ヵ月続くという状況になります。

これらのアトピーとリバウンドの症状は、日常生活にも支障を来す場合が多く、非常につらいものとなります。アトピーの症状緩和にステロイド剤を使用した場合は、医師と充分に相談をして使用の中止をするべきです。

またアトピーとリバウンドを考慮すると、ステロイド剤の使用量(使用量を少なくする)に留意することが必要です。もちろん医師との相談の上ですが、アトピーとリバウンドの関係を考えて、ステロイド剤の使用量を間隔を空ける、症状のひどい部分のみとする、夜1回塗るだけにする等の手法です。

また、アトピーの症状を抑えることができれば、自然にステロイド剤の使用が少なくなってきますので、アトピーの原因を確定して体質改善を図ることも重要です。ステロイド剤は、アトピーの症状を抑える特効薬ですが、アトピーとリバウンドの関係を充分に考えて使いましょう。

>>敏感肌でお悩みの方専用100%天然の無添加美容液<<

ステロイドとアトピー治療

ステロイドを使ったアトピー治療のメリットやデメリット、注意点について解説していきます
関連エントリー
ステロイド剤使用停止によるアトピーのリバウンドアトピー治療として医療レーザー治療が注目ステロイドを使わないアトピー治療アトピーの治療の特効薬、ステロイド剤の効果と注意点
アトピーについて
世代別アトピー治療
アトピー治療法
ステロイドとアトピー治療
アトピーと生活
更新履歴
アトピーに効果のあるサプリメント(2009年01月29日)
アトピーに効果がある入浴剤(2009年01月27日)
アトピー肌用クリームの成分には注意が必要(2009年01月25日)
アトピーはシャンプーや石鹸と密接な関係(2009年01月20日)
アトピーに適する石鹸を選ぶ(2009年01月15日)