Top > アトピーについて > アトピーの症状について

アトピーの症状について

ここではアトピーの症状について解説します。

アトピーの症状は、アトピー性皮膚炎を始めとし、白内障や網膜剥離・高眼圧、アレルギー性気管支喘息等があります。

「アトピー」の主症状での代名詞となっているアトピーの症状が、アトピー性皮膚炎です。アトピー性皮膚炎の症状は、頭部から発症が始まり、顔から体幹・下肢へと広がっていきます。

思春期には、間接の内側などに集中的に発症します。思春期以降は乾いた慢性疾患の症状を見せ、乾燥して赤くなり白い粉をふいたようになります。強い痒みを伴って、慢性化すると皮膚が次第に厚くなり鳥肌状になったりします。

またいぼ状の痒ができたりして、いぼになることもあります。また、アトピー性皮膚炎は接触性皮膚炎を起こしやすく、洗剤や化粧品オムツからも発症しやすいようです。

アトピーの症状での気管支喘息は、アレルギー反応や細胞・ウイルス感染などが発端となり、気管支の炎症が慢性化することです。アトピーの症状として、気道過敏性の亢進や可逆性の気道の狭窄を起こして、発作的な喘鳴や激しい咳などの発作を起こして、呼吸が苦しくなることが症状です。

アトピー性の炎症が気管支に起こった場合、アトピー性気管支喘息といいます。アトピーの症状では、余り聞きませんが結膜炎、白内障や網膜剥離・高眼圧があります。

アトピーの症状で、アトピー発症の際にアレルギー性結膜炎を生じやすく眼が痒いため、眼を掻いたり押さえたりなど動作の結果網膜剥離を起こすことがあります。

また、子供のときからアトピーの場合10~20代で白内障を起こす場合があります。そして、アトピー性の網膜剥離も発症の可能性があります。また、アトピーの症状を抑えるためのステロイド剤の使用により、眼圧が高くなることがあります。

>>敏感肌でお悩みの方専用100%天然の無添加美容液<<

アトピーについて

アトピー性皮膚炎全般について解説しています
関連エントリー
アトピー対策のひとつ水道水の直接の使用の停止アトピーを改善する効果が高い方法は?アトピー克服法として効果的なことアトピー治療を受ける病院の選び方アトピーの症状についてアトピー性皮膚炎の特徴アトピーって何なの?
アトピーについて
世代別アトピー治療
アトピー治療法
ステロイドとアトピー治療
アトピーと生活
更新履歴
アトピーに効果のあるサプリメント(2009年01月29日)
アトピーに効果がある入浴剤(2009年01月27日)
アトピー肌用クリームの成分には注意が必要(2009年01月25日)
アトピーはシャンプーや石鹸と密接な関係(2009年01月20日)
アトピーに適する石鹸を選ぶ(2009年01月15日)