Top > 世代別アトピー治療 > 赤ちゃんのアトピーの原因と対策

赤ちゃんのアトピーの原因と対策

赤ちゃんのアトピーの原因は食物アレルギーや母親の妊娠中の飲酒・喫煙・抗生物質などの摂取が原因であるとも言われています。

特に赤ちゃんの場合は、食物に対する過敏症から発症する場合も多く、年齢が上がるにつれ治っていくことが多いようです。

赤ちゃんの皮膚はバリア機能ができておらず、外部からの刺激にも弱いので、他の湿疹をアトピーと間違ってしまうこともあります。

また、赤ちゃんのアトピーは赤ちゃんが痒みなど我慢することができないので指や爪で掻いてしまい、感染症を発症してしまう場合もありますので注意を払う必要があります。見ていてかわいそうなので、とてもつらいです。

赤ちゃんのアトピーの場合は、痒いのを我慢させることはできませんから、自宅で痒がる場合は痒い部分を冷やしてやるとか、乾燥する冬の場合は保湿剤で保湿してあげるなどの対策が必要になってきます。

また赤ちゃんのアトピーは、病院で診断してもらうのに小児科がいいのか、皮膚科がいいのか迷うことが多いです。

基本的には赤ちゃんのアトピーでは、コミュニケーションがよく取れる小児科を選ぶほうがよいのではないでしょうか。

また、皮膚のバリア機能ができていない赤ちゃんの場合、化学繊維の衣類や衣類用の化学洗剤の使用により赤ちゃんのアトピーが出る場合もあるので、刺激の少ない柔らかい木綿などの自然素材の肌着を選んであげる事も大切です。

アトピーでなくても赤ちゃんの肌は敏感です。赤ちゃんのアトピーができるだ発生しないように十分注意して大切にしてあげましょう。

>>敏感肌でお悩みの方専用100%天然の無添加美容液<<

世代別アトピー治療

アトピー性皮膚炎は生まれてから成人になるまでの間で治療法や対策が変わってきます。
関連エントリー
成人のアトピー原因と対策子供のアトピーの症状と対策乳児のアトピーの症状と特徴赤ちゃんのアトピーの原因と対策
アトピーについて
世代別アトピー治療
アトピー治療法
ステロイドとアトピー治療
アトピーと生活
更新履歴
アトピーに効果のあるサプリメント(2009年01月29日)
アトピーに効果がある入浴剤(2009年01月27日)
アトピー肌用クリームの成分には注意が必要(2009年01月25日)
アトピーはシャンプーや石鹸と密接な関係(2009年01月20日)
アトピーに適する石鹸を選ぶ(2009年01月15日)