Top > 世代別アトピー治療 > 乳児のアトピーの症状と特徴

乳児のアトピーの症状と特徴

乳児のアトピーについて解説します

子供のアトピーの中では、アトピーの症状が年齢により変わってきます。生後2~3ヶ月から1歳にいたるまでの期間に起こるアトピーは、乳児のアトピーと言われています。

1歳以降にかかるアトピーは、幼児のアトピーといわれ乳児のアトピーは顔や耳、頭などに赤班やじくじくとした湿疹が出るのが特徴です。

一般には、乳児のアトピーは母乳で育った子供には出にくく、ミルクで育った子供に出やすいとも言われています。

これらの乳児のアトピーの症状は、脂漏性湿疹と症状が似ているため間違われやすいのですが、耳切れやひじや足首など関節に出ることがアトピーの特徴ですから見分けがつきます。

乳児のアトピーでもかゆみは激しく、そのためにかきむしったりすることから皮膚が破れたりして化膿することもあります。乳児のアトピーに限らず、アトピーは冬に出ることが多いようです。特に日本の冬は感想が激しいことが多いため、乳児のアトピーで悪い季節になるわけです。

乳児のアトピーの対処法は、母親の食事に対する注意やミルクのようなアレルギー性のあるものは乳児に与えず、離乳の時期を遅らせることも有効なようです。

皮膚科の専門医に必ず見せて適切な処置を施すのがよいようです。乳児が必死で掻いている姿を見るのは、母親だけではなくつらいものです。乳児が痒いところを掻き毟って症状を悪化させたりしないように、乳児の爪を短く切る・冷やしてやるなどしっかりと対処してあげましょう。暖かくなって乾燥が和らいでくると症状は軽くなってきます。

>>敏感肌でお悩みの方専用100%天然の無添加美容液<<

世代別アトピー治療

アトピー性皮膚炎は生まれてから成人になるまでの間で治療法や対策が変わってきます。
関連エントリー
成人のアトピー原因と対策子供のアトピーの症状と対策乳児のアトピーの症状と特徴赤ちゃんのアトピーの原因と対策
アトピーについて
世代別アトピー治療
アトピー治療法
ステロイドとアトピー治療
アトピーと生活
更新履歴
アトピーに効果のあるサプリメント(2009年01月29日)
アトピーに効果がある入浴剤(2009年01月27日)
アトピー肌用クリームの成分には注意が必要(2009年01月25日)
アトピーはシャンプーや石鹸と密接な関係(2009年01月20日)
アトピーに適する石鹸を選ぶ(2009年01月15日)