Top > 世代別アトピー治療 > 子供のアトピーの症状と対策

子供のアトピーの症状と対策

子供のアトピーは、幼少期の子供のアトピーと学童期の子供のアトピーの2つのパターンにわけられます。

幼少期の場合は、主に食物アレルギーが主な原因であり、しかも皮膚が十分に発達していないため軽い痒みでも皮膚を掻き破ったりして重症のように見えることもあります。

食物アレルギーは年齢と共に消えることも多く、それに伴いアトピーも軽くなることが多いようです。また年齢が上がるに従って、皮膚も強くなってきますので自然に治ってくるようです。

しかし学童期になると、ダニやハウスダストなどでのアレルギーが増えてきて、子供のアトピーの発生が見られることもあるようです。

アトピーは、幼少期から学童期に至る際に発症は多いのですがかなり早期に直ることが多いようです。ただし、ダニやハウスダストのような環境要因でアレルギーが陽性になるようであれば、成人のアトピーに近くなり難治性にもなりかねませんから、環境対策も行うことが必要です。

子供のアトピーで幼児性の場合は、母親の妊娠時期の食事も影響すると言われていますが、確たる実証は無い状況のようです。ともあれアトピーの体質は、継承しやすいようなので、子供のアトピーには注意が必要ですが、過剰な対策は控えるべきでしょう。

子供のアトピーは、幼少期のアトピーに比べ原因も探しやすいのですが、治癒しにくい場合も多いようです。

現在では、子供のアトピーが治癒した後で成人後に再発する場合もあるため、原因を知っておいた方がよいと思われれます。

>>敏感肌でお悩みの方専用100%天然の無添加美容液<<

世代別アトピー治療

アトピー性皮膚炎は生まれてから成人になるまでの間で治療法や対策が変わってきます。
関連エントリー
成人のアトピー原因と対策子供のアトピーの症状と対策乳児のアトピーの症状と特徴赤ちゃんのアトピーの原因と対策
アトピーについて
世代別アトピー治療
アトピー治療法
ステロイドとアトピー治療
アトピーと生活
更新履歴
アトピーに効果のあるサプリメント(2009年01月29日)
アトピーに効果がある入浴剤(2009年01月27日)
アトピー肌用クリームの成分には注意が必要(2009年01月25日)
アトピーはシャンプーや石鹸と密接な関係(2009年01月20日)
アトピーに適する石鹸を選ぶ(2009年01月15日)